がらくた置き場

思ったこととか調べたこととか

ヒアリって結局なんなの?

なんか色んなとこでヒアリが見つかってて、どうも結構怖い生き物らしい

ヒアリ 茨城県でも24匹発見 | 2017/7/16(日) 18:23 - Yahoo!ニュースhttps://news.yahoo.co.jp/pickup/6247152

けど、ヒアリって何?どういう理由で怖いの?とか全然わかってないのでまとめてみた。

まず、wikipedia先生から文章量減らしつつ抜粋するとこんな感じ。

南米大陸原産のアリの一種。世界の侵略的外来種ワースト100選定種で、特定外来生物にも指定されている。
主にアルカロイド系の毒と強力な針を持つが、人間が刺されても死ぬことはまれで、痛み・かゆみ等の軽度の症状や、体質によりアレルギー反応や蕁麻疹等の重い症状が出る場合もある。命の危険があるのは、アレルギー症状の中でも特にアナフィラキシーショックが起きる場合で死亡することもある。そのため殺人アリと呼ばれることもある。

ヒアリ - Wikipedia


なるほど。とりあえず危険そう。

ちなみにアルカロイドっていうのは、本来は植物由来の窒素を含む有機塩基類のことらしいけど、広義には動物毒とかも含むらしい。

アルカロイド - 薬学用語解説 - 日本薬学会

身近な成分だとコーヒーに含まれるカフェインもアルカロイドだとか。(たしかに化学式に窒素いた気がする。)
まぁアルカロイドがなんであれ、刺されたら痛みやかゆみが出る、そして最悪死ぬ、という毒らしい。

じゃあなんでそんな危ない生物日本に来たの?とかどうやって対策するの?って話だけども、細かい話は全部ここが詳しかったのでもう書くのは辞める。

『ヒアリの生物学』でヒアリの生態を知る - クマムシ博士のむしブロ

要は、

1. 侵入経路としてはアメリカから積荷とかと一緒に侵入してきたっぽい。

2. 刺されたら、漂白剤を水で薄めて患部を洗い、虫刺され薬を塗る。
 アナフィラキシーショックが出たら病院に行く。

ということらしい。あと、刺されて死ぬのは14万人に1人の確率らしい。
蜂に刺されるのと、リスクも対処法も同じような感じっぽい。

ただ、上のむしブロによると、人以外への被害も甚大らしいので、日本に定着しないといいなぁ、というのと、いい駆除剤作れればアメリカに売れないかな?と思ったりした。難しいのかな?
(下記はむしブロから抜粋した引用)

ヒアリは広食性で昆虫などの節足動物の他に植物も食べる。
さらに、ヒアリは生まれたばかりの脊椎動物を襲う習性があり、家畜の仔も殺されたり盲目にさせられることがある。また、野生の希少種への影響も懸念される。

他にもヒアリにより不動産や観光地の価値が下がったり、ヒアリが電線をかじるなどして電気系統にダメージが与えられるなど、ヒアリによる被害は広範である。

アメリカではヒアリによる経済損失は年間で50〜60億ドルにも及ぶ。ヒアリはただの「不愉快な生きもの」として片付けられないわけだ。

今1階に住んでて、割と虫の侵入多いから2階以上の部屋に引っ越そうかな…