がらくた置き場

思ったこととか調べたこととか

キュレーションサイトはあった方が便利だと思う。

ちょっと前に炎上していたキュレーション界隈。
最近界隈が落ち着いてきたのか、新規のキュレーションサイトをいくつか見かけたので持論をメモとして残しておく。

まず、結論としてはキュレーションサイトは個人的には存在していて欲しい。

何故存在していて欲しいかというと、Googleで検索しても未だにクソみたいな情報が混在していて、使える使えないを判断するのに頭を使うのがバカバカしいというのが一点目。

次に、クソじゃない質の良い情報でも、いくつかのサイトに散らばっていたりして物事を正しく把握するのが面倒というのが二点目。

最後に、そもそもネットはニュースとか速報とかで溢れかえっていて、自分の興味があるニュースだけを受動的に収集するのが困難というのが三点目。
(積極的に探せば見つかるが。そもそも速報を知らないと調べるニーズが湧かなかったりもする。)

ここで、自分が欲しいキュレーションサイトの定義をはっきりさせておくと、下記の3点が必須要件となる。

1. 質の良い情報だけが記載されている
2. 質の良い情報が、カテゴリや話題などの基準で整理されている
3. サイト内の情報のコンセプトが、ある程度はっきりしている(受動的に収集できる)

必須じゃないけどあったら嬉しい追加要件としては、下記の一点。
4. 一次情報の場所が明示されている
(情報の出所を把握したいことがあったり、真偽の判断を自分でしたかったりするので)

問題は、「役に立つキュレーションサイト」の存在を未だに見たことがないこと。

年末に燃えたキュレーションサイト群や、最近勃興してる新興キュレーションサイトは、上記の要件を満たしていないというのが自分の認識。
役に立つどころか、クソみたいな情報をネット上に量産しているので、むしろ害悪といってもいいくらい。

個人的には、趣味嗜好と一致するコンセプトで情報を集約してくれていて、質の良い情報を整理してくれているサイトがあれば助かるのだが。。

個人的には、現状は頭良くて整理が上手な人が趣味でやってるブログが、求めてるものに一番近いという結論に至っている。
そして、Google検索がそもそもある意味キュレーションだし、Googleの改善による情報の質の向上に一番期待してるレベルで、今のキュレーション界隈には期待が持てない。

村田マリはじめ、クソキュレーションでも稼げる!という実績を作ってしまった奴らとそいつらを持ち上げた奴らの罪は深い。
作ってしまった健全じゃない一つの世界を、健全な世界に作り変えるくらいのことをして償って欲しいのに雲隠れというのもまた…
ただ、MERYだけは割と頑張ってたと思う。(法遵守はガバガバだったみたいだけど。)

あと、ネットで一次情報を記載してるメディアは多すぎる割に情報に差分が少なくて割とクソ。
なのに、微妙に情報量に差があったりしてムカつく。
速報性重視のとこは知ってる情報を網羅的に書くとことざっくり書くとこが1つずつだけあれば良いので、もっとみんな取材とかインタビューとか独自記事頑張って欲しい。

ちゃんとしたキュレーションサイト、欲しいなぁ。