がらくた置き場

思ったこととか調べたこととか

IQOSから考える老害おじさん

IQOSという電子タバコに諸般の事情で乗り換えた時に、ふと老害おじさんについて考えたのでメモ。


まずは老害おじさんにならないために意識すべきことからメモりたい。
けどその前に、自分の考える「老害おじさん」の定義は

1. 話す内容は裏付けがなくてただの感想
2. 自分の体験と感想は100%正しい
3. そして、他の人にも自分と同じ意思決定を強要する
みたいなことを「自分が歳上」とか「自分の立場が上」とかを笠に着てやるタイプの人。


で、そうならないためには、本当当たり前すぎるんだけどこの辺意識したい。

1. 困ったら調べる
2. 裏付けのない情報を鵜呑みにしない
3. 解決策を検討もせずにdisらない
4. 自分と違う価値観もあることをちゃんと理解して受け止める


なんでそう思ったか、という体験については、大体こんな感じ

1. 困ったら調べる:
IQOSマジ吸い終わるまでの時間短すぎてクソだわ〜、って思ってたけど調べてみたら対処法とか正しい吸い方を知らなかっただけで、全然クソじゃなかった。
既に対処法を知ってそうな知人に直接相談したら早かったりもするよね。

2. 裏付けのない情報を鵜呑みにしない:
ググったりTwitter見てたら、「吸える時間が短いのは初期不良か寿命!クソ!」みたいな情報もあったけどクソじゃなかった。
理屈とか情報には常に科学的な裏付け欲しいけど、無理な時は取り返しがつかないものでなければ対処法を試して自分の中で比較検討とか常にしたいよね。

3. 解決策を検討もせずにdisらない:
Twitterとかで「IQOSって吸い終わる時間短いからクソ!」とか言わなくて良かった〜
(自分はそういうこと言うタイプじゃないけど。)

4. 自分と違う価値観もあることをちゃんと理解して受け止める:
「IQOSは美味しくないからクソ!」って情報あったけど全然クソじゃなかった。
ちなみに、自分も美味しくない、と思ってたけど吸い続けてみたら美味しく感じてきた。自分はもう紙には戻れない。(最初から美味しいって人もいるみたいですね。)
紙タバコとは全然違うから、「絶対に紙タバコの方が美味しい!」って人もそりゃあいると思う。


当たり前なんだけど、こういうのを(体感的に)忙しいからってよく調べもせずに、
「自分が良く知ってるもの以外はクソ!それ以外使ってるやつら頭おかしい!紙吸え!!」
みたいになると老害なんだろうなぁ、と思った。


Excelは方眼紙みたいにしてセル結合で形式整える文書作成ツールだろ!セルの大きさ変えて計算式とかいれて楽してんじゃねーよ!次の人が同じもの作る時に大きさとか整えるの大変だろ!」
みたいな老害部長おじさんもきっと同じだと思う。
たぶん、方眼紙みたいに使うと楽だった!っていう経験があるからそのテンプレで提出資料を最終修正したいのに、
若手が出して来たExcelの数式は他の資料にコピペしたら計算壊れたりするし、
そもそも形式も自分のテンプレに合わないからコピペで見栄えも整わないし、
でも効率の良いやり方調べるとかは時間ないし(面倒だし)、
で自分のやり方を強要してやり直させてる的な。


ここで、老害部長おじさんの対処についてもちょっと考えてみると、
そういうおじさんはITリテラシーだけが低くて他のバリューが大きいケースもあって、本当に他のやるべきで忙しかったりもするから、
・最初からダメだしとか部長の修正が入らない完璧なものを出す
・「計算式の方が良い理由」を簡潔に伝える技術を身に付ける
で対処するのが全体最適になるケースが多そう。


まぁ何が言いたいかっていうと、IQOSいいよ。紙タバコの人はお試しあれ。
(合わない人もいると思うし価格も高いので、できるなら一度借りてみるのが良いんだろうなぁと思いますよ。)